姫神ホール

姫神ホール・渋民公民館  > 主催事業  > 姫神寄席「春風亭一之輔 古今亭文菊 二人会」

主催事業詳細

姫神寄席「春風亭一之輔 古今亭文菊 二人会」

チケット発売日:8月8日(木)

開催日:11月23日(土・祝)

時間:14:00開演

前売料金:
全席指定 3,500円、U-25チケット1,500円(当日各500円増)

m-Friends料金:
3,150円(前売のみ/1会員2枚まで/U-25チケット割引対象外)

場所:姫神ホール

2001年春風亭一朝に入門し、21人抜きで真打に昇進した逸材、春風亭一之輔。古典落語を守りながらも現代的なギャグや描写など自分の言葉で大胆にアレンジし、強烈な笑いを誘います。そして、古今亭圓菊の最後の弟子として2002年に入門し、やはり28人抜きで真打に昇進した、同世代の実力派、古今亭文菊。心地よい声の高さとテンポで軽妙洒脱に噺を演じ、軸のぶれない落ち着いた高座で江戸の風を運びます。落語界の今を力強く牽引する二人が、それぞれ二席ずつの口演でじっくり聞かせます。

【春風亭 一之輔(しゅんぷうてい いちのすけ)】

本名:川上隼一(かわかみ としかず)
生年月日:1978年1月28日
出身地:千葉県野田市
出囃子:さつまさ
紋:中蔭光琳蔦
【芸歴】
2001(平成13)年3月    日本大学芸術学部卒業
2001(平成13)年5月    春風亭一朝に入門に入門
2001(平成13)年7月    前座となる 前座名「朝佐久」
2004(平成16)年11月   二ツ目に昇進、「一之輔」と改名
2012(平成24)年3月    真打に昇進
【 受賞歴】
2005(平成17)年        第10回岡本マキ賞
2008(平成20)年        国立演芸場花形演芸会銀賞
2008(平成20)年        第4回東西若手落語家コンペティション優勝
2009(平成21)年        第19回北とぴあ若手落語家競演会大賞
2010(平成22)年        NHK新人演芸大賞
2010(平成22)年        文化庁芸術祭新人賞
2012(平成24)年        国立演芸場花形演芸会大賞
2013(平成25)年        国立演芸場花形演芸会大賞
2015(平成27)年        浅草芸能大賞新人賞

【古今亭 文菊(ここんてい ぶんぎく)】

本名:宮川真吾(みやかわ しんご)
生年月日:1979年2月23日
出身地:東京都世田谷区
出囃子:関三奴
紋:裏梅
【芸歴】
2001(平成13)年3月    学習院大学文学部卒業
2002(平成14)年11月   古今亭圓菊に入門に入門
2003(平成15)年1月    前座となる 前座名「菊六」
2006(平成18)年5月    二ツ目に昇進
2012(平成24)年9月    真打に昇進、「文菊」と改名
【受賞歴】
2008(平成20)年        落語一番勝負若手落語家グランプリ
2009(平成21)年        NHK新人演芸大賞
2012(平成24)年        第29回浅草芸能大賞新人賞
2015(平成27)年        文化庁芸術祭優秀賞
2016(平成28)年        国立演芸場若手花形演芸大賞銀賞

 

事業一覧に戻る