石川啄木記念館

石川啄木記念館  > 企画展  > 新収蔵資料展「啄木の妹・光子」【終了しました】

企画展詳細

この企画展は終了しました。

新収蔵資料展「啄木の妹・光子」【終了しました】

開催期間:平成30年1月30日(火)~平成30年5月13日(日)

入館料・料金:
一般:300円 高校生:200円 小中学生:100円 ※市内に住所がある65歳以上と小中学生は無料

場所:石川啄木記念館展示室 企画展示コーナー

啄木の妹・三浦光子の手紙を中心に、平成27年度以降当館に寄贈があった資料を公開します。

光子は啄木の2歳下の妹です。啄木の死後、著書『悲しき兄啄木』を執筆するなど啄木顕彰にも力を注ぎました。光子が川崎むつを(元青森県啄木会会長・歌人)に宛てた手紙約30点を展示しながら、光子を通して見た啄木についても紹介します。

その他、近代文学研究家・浦田敬三氏寄贈資料(石川啄木関連記事スクラップ帳)なども展示します。

この機会にぜひお越しください。

チラシ

事業一覧に戻る