盛岡てがみ館

盛岡てがみ館  > 企画展  > 特別展「啄木をめぐる人々~盛岡中学時代~」

企画展詳細

この企画展は終了しました。

特別展「啄木をめぐる人々~盛岡中学時代~」

開催期間:2019年1月11日(金)~4月24日(水)

入館料・料金:
一般:200円(団体160円)
高校生:100円(団体80円)
※団体は20名以上からとなります。

場所:盛岡てがみ館 展示室

石川啄木は明治31年(1898)、岩手県盛岡尋常中学校(通称盛岡中学、現盛岡第一高等学校)に128名中10番という優秀な成績で入学します。当時の盛岡中学は文学熱が盛んで、軍人志望だった啄木も先輩の及川古志郎や金田一京助らの影響を受け文学にのめり込んでいきました。また、後に妻となる堀合節子との恋愛が始まったのもこの頃のことであり、盛岡中学時代は啄木の原点といえます。
本展では、啄木の同窓生といった人々の手紙や原稿を通して、歌人・石川啄木の青春時代を紹介します。

※期間中、2月19日(火)~2月25日(月)は企画展の展示入替のため、臨時休館いたします。

当時の盛岡中学校校舎

事業一覧に戻る