盛岡てがみ館

盛岡てがみ館  > 企画展  > 第59回企画展「盛岡今昔物語ー市制施行130周年ー」

企画展詳細

第59回企画展「盛岡今昔物語ー市制施行130周年ー」

開催期間:6月25日(火)~10月7日(月)

入館料・料金:
一般:200円(団体160円)
高校生:100円(団体80円)
※団体は20名以上からとなります。

場所:盛岡てがみ館 展示室

明治22年(1889)の市制の施行によって盛岡市が誕生してから、今年で130年となります。明治22年(1889)当時の規模は、人口2万9190人、面積4.47平方キロメートルでしたが、市内の開発や周辺の自治体との合併などを経て、現在では人口約30万人、面積886.47平方キロメートルと大きく変化しました。
本展では、盛岡市の誕生、明治43年(1910)の水害、昭和期に完成した大通・菜園、太平洋戦争、岩手国体、東北新幹線開業、歴代市長の書簡といった資料を通じて、130年にわたる盛岡市の歴史を時代ごとに振り返ります。

事業一覧に戻る