石川啄木記念館

石川啄木記念館  > 企画展  > 新収蔵資料展「啄木の妹光子宛書簡を中心に」

企画展詳細

この企画展は終了しました。

新収蔵資料展「啄木の妹光子宛書簡を中心に」

開催期間:令和3年年2月2日(火)~令和3年5月9日(日)

入館料・料金:
一般:300円 高校生:200円 小中学生:100円 ※市内に住所がある65歳以上と小中学生は無料

場所:石川啄木記念館展示室 企画展示コーナー

2020年、啄木の2歳下の妹光子のご令孫・三浦哲朗氏からご寄贈いただいた資料を初公開します。

文学に挫折しかけた啄木が妹光子にストレートに思いを吐露する直筆書簡や、亡くなる3週間前、病床のなか友人・丸谷喜市が代筆した「啄木のラストレター」など、貴重な資料をこの機会にぜひご覧ください。

新収蔵資料展チラシ

◆「啄木のラストレター」についてさらに知りたい方は、こちらもどうぞ。

啄木生誕記念 石川啄木記念館館長講演会

事業一覧に戻る