盛岡市民文化ホール

盛岡市民文化ホール  > 主催事業  > 小菅優の室内楽 ベートーヴェン詣2017 ~ピアノと管楽のための五重奏曲~

主催事業詳細

この主催事業は終了しました。

小菅優の室内楽 ベートーヴェン詣2017 ~ピアノと管楽のための五重奏曲~

チケット発売日:3月9日(木)

開催日:6月20日(火)

時間:18:30開演(18:00開場)

前売料金:
S席4,500円、A席3,500円、U-25チケット(S・A席選択可)2,000円(当日各500円増)

m-Friends料金:
S席4,050円、A席3,150円 ※U-25チケット対象外 ※m-Friendsチケットは、平成29年度入会手続きをお済ませのうえ、お買い求めください。 ※前売のみ/1会員2枚まで

(c) Marco Borggreve

いよいよツアーがスタートしました!
初日6/14は群馬県桐生市にて。
藤倉大・新作“GO”の世界初演直後のバックステージでの皆さんです。(↓写真)
素晴らしい作品に仕上がり、いい雰囲気で演奏会が進んでいるようです!

盛岡公演は6/20(火)、藤倉作品もますます楽しみです!


リハーサル風景とメッセージが届きました!

 メッセージ(動画)はこちら

小菅優の室内楽 ベートーヴェン詣2017 ~ピアノと管楽のための五重奏曲~
6月20日(火)18:30~ 盛岡市民文化ホール 小ホール

瑞々しい感性と深い楽曲理解で、世界で活躍を続けるピアニスト・小菅優が、
まさに尊敬の念を込めて続ける作品探求の旅「ベートーヴェン詣」。
今回は室内楽の中でも演奏機会の少ない“ピアノと管楽のための五重奏曲”に着目。
ピアノとオーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンによる編成の
ベートーヴェンとモーツァルトの傑作に加え、
小菅優が共感と信頼を寄せる作曲家・藤倉大に新作五重奏曲を委嘱し、
本ツアーで初演します!
小菅のもとに集まった、世界の一線で活躍中の才気あふれる管楽の名手たちとともに、
若き才能が紡ぎだす珠玉のアンサンブルにご期待ください!!

Program
・ベートーヴェン:ピアノと管楽のための五重奏曲 Op.16
・藤倉大:“GO”(小菅優 委嘱新作/本ツアー初演)
・モーツァルト:ピアノと管楽のための五重奏曲 K.452

※曲目は変更となる場合があります。

[出演]
ピアノ:小菅優
クラリネット:吉田誠
オーボエ:フィリップ・トーンドゥル
ホルン:トゥーニス・ファン・デァ・ズヴァールト
ファゴット:小山莉絵

 

小菅さんのサントリー音楽賞受賞に際し、小菅さんよりメッセージをいただきました!

『もう既におききかと思いますが、第48回(2016年度)サントリー音楽賞を受賞させていただくことになりました。
受賞理由にベートーヴェンの室内楽に取り組んでいることが書いてありましたが、この度、取り上げていただくことが普段難しいベートーヴェンの室内楽を中心とした公演を行ってくださり、この場を借りて感謝申し上げたいと思います。
音楽仲間と一緒に全力を尽くして、コンサートがお客様にとってとても楽しい公演になるように努力したいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。    小菅 優  』

小菅優 「第48回(2016年度) サントリー音楽賞」受賞!!
ピアニストの小菅優さんが、このたび「第48回(2016年度) サントリー音楽賞」を受賞されました!
「サントリー音楽賞(旧名・鳥井音楽賞)」は、公益財団法人サントリー芸術財団より、毎年、その前年度において、日本での洋楽文化の発展にもっとも顕著な功績のあった個人または団体に贈られるもので、1969年に創立されました。(詳しくはこちら→サントリー芸術財団
受賞理由として、これまでの「ベートーヴェン・ソナタ全集」の録音完結や、継続的にベートーヴェンの室内楽作品や歌曲に取り組んできたこと、また、昨年に現代きっての作曲家リンドベルイのピアノ協奏曲第2番を演奏したことなど、幅広い活動が評価されました。
小菅さんの今後の活動と、6月20日のコンサートがますます楽しみなものになりました!

プレイガイド:

カワトク、アネックス・カワトク、フェザン、マリオスインフォメーション、岩手県民会館、江釣子SCパル、プラザおでって、盛岡劇場、キャラホール、姫神ホール、盛岡市民文化ホール

事業一覧に戻る