原敬記念館

原敬記念館  > 企画展  > 第63回原敬記念館企画展「原敬と大慈寺」

企画展詳細

第63回原敬記念館企画展「原敬と大慈寺」

開催期間:2022年6月25日(土)~9月11日(日)

入館料・料金:入館料(一般200円、小・中学生50円)

場所:原敬記念館小ホール 企画展示コーナー

展示内容:横川良助編「寺實矩格」(福聚山大慈寺蔵)・大慈寺棟札(当館蔵)・原敬「大慈寺始末」(当館蔵)・上野廣一「原敬」・「原浅」(福聚山大慈寺蔵)

原敬の菩提寺として知られる福聚山大慈寺は、開基以来300年を有する盛岡の名刹です。原と大慈寺の関わりは、原の祖先が大慈寺の檀家として受け入れられたことに始まります。祖先が大慈寺に世話になったことを知った原は、山門の再建や本堂・庫裡の新築費などを寄進しました。
原の没後、大慈寺は原を慕う人々の聖地のような場所となり、毎年原敬忌追悼会を営むなど、原の遺徳を伝え続けています。
この展示では、大慈寺の歴史や原家との縁をひも解きながら、原敬と大慈寺の関わりについて紹介します。この機会にぜひご来館ください。

 

※新型コロナウイルス感染状況によっては中止・延期となる場合があります。変更等の情報は当ホームページ、ツイッターをご確認ください。
※手指消毒・マスク着用等、感染症対策にご協力ください。

事業一覧に戻る